銀座にある日本料理の料亭【やま祢】冬はふぐ、春からは季節の会席をご賞味ください

銀座にある日本料理の料亭【やま祢】へのお問い合わせは03-3541-1383
銀座にある日本料理の料亭【やま祢】について
店舗概要
店名 やま祢(やまね)
所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座7-15-7
電話 03-3541-1383
FAX 03-3541-1384
営業時間 17:30-22:30(閉店)
定休日 日曜日(土曜日、祝日は不定休です)
取扱カード VISA/Master/アメックス/JCB/ダイナース
アクセス 日比谷線・都営浅草線「東銀座」駅より徒歩5分
銀座にある日本料理の料亭【やま祢】の外観
※当日のキャンセルはお受けいたしかねます。ご了承ください。
銀座にある日本料理の料亭【やま祢】へのアクセスマップについて
大きな地図で見る
やま祢の歴史
銀座にある日本料理の料亭【やま祢】の歩み
初代・山根計夫は山口県光市の網元の生まれ。
下関のふく料亭「春帆楼」で修業、ふくの二枚引きの技術を習得し、その後、博多の料理屋「い津み」に移り、
この二枚引きを広めて参りました。
銀座にある日本料理の料亭【やま祢】の創業
昭和10年に福岡・東中州にて山根計夫・オヨがふく料理専門の仕出し屋として創業、その後、割烹『やま禰』(のちに『やま祢』)となり、繁盛する。
戦後、いくつかの場所で営業したのち、昭和20年代後半、福岡市中央区渡辺道り1丁目に料亭として開店。
この料亭は敷地、建物が千坪以上あり、落ち着いた風情の部屋が7部屋、200名様をお迎えする事ができました。当時は、炭坑景気・朝鮮動乱などの時代背景から、九州のみならず、全国各地からお客様がおみえになり、芸者衆50人以上が毎日の様に出入りし、華やかな交流の場として喜んで頂いておりました。
銀座にある日本料理の料亭【やま祢】創業した昭和10年頃の外観
銀座にある日本料理の料亭【やま祢】昭和52年移転。福岡から銀座へ
その後、都市再開発に伴い昭和52年に福岡市薬院に移りました。
福岡店には、東京からのお客様が多かったが、「東京でもこんな本格的なふく料理や水炊きが食べたい」という声をいただき、昭和29年東京・東銀座7丁目にて営業を開始。
昭和38年に先代の山根泰治が2代目主人となりました。
銀座にある日本料理の料亭【やま祢】2代目~現在
銀座にある日本料理の料亭【やま祢】2代目~現在 2代目の泰治は、大阪高麗橋の「本吉兆」にて修業の後、福岡やま祢にてふく料理を勉強。昭和38年に東京やま祢の主人となる。福岡やま祢で学んだふく料理を基礎に、福岡に負けず劣らない「ふく料理」を女将とともにお客様に提供してまいりました。

当時の店は木造の数寄屋造りの建物でしたが、平成16年10月に現在の建物にリニューアルしました。

現在、4代目の山根淳司が初代から続く『やま祢ならでは』のお料理を、『もてなし』の心を大切に
心地よいサービスを日々心掛け、時代に合った料理屋として育てていくよう、全社一丸となり取り組んでいます。